無職、金融ブラックでも審査に通りやすいクレジットカードの選び方

クレジットカード

スポンサーリンク



日常のショッピングやインターネットでの買い物で重宝するクレジットカード。現代では所有していないと日常生活で不便となる場面も出てきています。

そのような生活の変化に伴い、クレジットカードの審査も甘くなってきているとも言われています。

しかし、無職やニートをはじめとした一切の収入がない属性の場合は話は変わってきます。収入がない=支払い能力がないと見なされ、審査は厳しくなる傾向にあります。

ただそんな中でも、無職であっても審査に通るクレジットカードやカードローンも存在します。

狙いは専業主婦や学生でも通るクレジットカード

無職であってもクレジットカード、またはカードローンの審査に通りやすいのが専業主婦や学生といった属性でも審査に通るクレジットカードです。

その中でも楽天カードやイオンカードなどが審査がとにかく甘いと有名。どちらも日常生活で利用できる場面が多く、利用に応じてポイントも貯まる便利でおすすめできるクレジットカードです。

審査が甘いとは言っても、やはり審査に通らないとクレジットカードを手にすることはできません。無職だった場合重要視されるのが、返済能力の有無になります。

収入がないというは確かに大きなマイナスポイントではありますが、最近まできちんと働いていたですとか、これまで返済をしなかったり滞ったりといったいわゆる金融事故を起こしたことがない、または実家暮らしであるといったことがプラスの評価になります。

家族カードを狙う

上で紹介した専業主婦や学生に対して審査が甘いクレジットカードでも通らない場合は、家族カードを狙うのも有効な手段です。

家族カードというのはクレジットカードを契約している本人の家族に対して発行されるクレジットカードのこと。

理由としては、無職であっても実家で家族と同居していたり、または別々の場所に住んでおり仕送りを受けているような場合でも、生計を共にしていると判断される可能性があるからです。

家族カードは契約者の信用によって発行されるクレジットカードですから、同居している親、または仕送りをしてくれている親がクレジットカードを所有していて金融事故など起こしていなければ審査に通りやすくなります。

まとめ

収入のない無職であれば楽天カードやイオンカードなどの専業主婦や学生でも審査に通りやすいクレジットカードに審査を申し込んでみましょう。

金融事故を起こしたいわゆる金融ブラックの場合は審査が厳しくなると思われますが、家族カードであればまだ多少の可能性は残されていると言えます。

以上、無職、金融ブラックでも審査に通りやすいクレジットカードの選び方でした。

スポンサーリンク